サブリースの成功事例

不動産物件の運営において、収益が安定するメリットがあるサブリース。その一方で契約更新の度に家賃の値下げを強いられたり、高額な修繕工事を何度も行わなければいけないなどのクレームや裁判も実際に起こっています。
それだけにサブリース契約を結ぶことは、不動産物件を運営する上で危険だと考える方もいるかもしれません。
それでも不動産物件の運営に置いて収入が安定するメリットは、やはり大きなもの。そこでここではサブリース物件の運営で成功した事例、サブリースでの運営に向いている物件の事例などをお伝えしていきます。

安定した収入を計算できるので、次の物件を購入しやすい


サブリースの成功事例として最初に挙げられるのは、賃貸需要の高い都心エリアの区分マンションです。
区分マンションは一度空室が出ると、家賃収入がゼロになってしまいます。そして次の入居者が決まるまでに、広告費や清掃費など家賃数ヶ月分の出費が必要になることも多いのです。
短期入居者は、非常に収益効率が悪いといえます。そういった物件をサブリース契約で運用すれば、大きなメリットがあります。なぜならば、サブリースであればたとえ空室が発生したとしても、その期間中も家賃収入が入ってくるからです。そして広告宣伝などは不動産会社が行ってくれるため、自分で費用を支払う必要がありません。そして収入が安定することにより、精神的な安定を得ることができます。
こういった収入の安定があることにより不動産物件上の実績作りやすくキャッシュフローをある程度を見込むことができるので次の物件の購入につなげることができるのです。
不動産物件を次々と購入するためには、いかに融資を受けるかが重要となってきます。個人の与信枠を使い切った方に対し、金融機関がそのごどれぐらい融資を行うのかというと、物件のスペックや投資歴、そして貯金やキャッシュフローの金額をチェックします。

管理運営の手間を省けるので副業として取り組みやすい


次のサブリース物件の成功事例は、管理の手間を省き事業拡大をしやすいという点です。
不動産投資はよく不労所得の典型的な例として挙げられます。しかし、実際に不動産投資を行うと、かなりの手間や作業が発生するというのは不動産投資家であれば実感を持っているはずです。
物件を購入するまでには、まず様々な情報網で物件を探さなくてはいけませんし、金融機関からの融資を受けるための交渉なども行わなければいけません。
そういったハードルを乗り越えられても、不動産会社と交渉し管理委託をして入居者を集めなければいけません。さらに空室を発生させないためにはどうしたらよいか、空室が発生した後の次の入居者探しのための対策はどうすればいいかなど、考えなくてはいけないこと、決めなくてはいけないことはたくさんあるのです。
本業が忙しい人は、不動産物件の運営に、頭を悩ませる余裕がないという方もいるのではないでしょうか。
そんなときはサブリース契約を結べば、ほとんどの悩みを解決できます。一棟物件を所有していると、各部屋で入居者とオーナーが賃貸契約を結ばなくてはいけないので、書類の管理や入出金の管理を逐一行う必要があります。
しかし、サブリース契約の場合はオーナーが賃貸契約を結ぶのは不動産会社だけです。個別の入居者と直接契約を結ぶことはありません。
それだけに管理する書類や入出金の数は少ないです。また、物件の運営管理は不動産会社があなたに代わってほとんどの事を行ってくれます。
オーナーがすることは、毎月の入金出金の数字をチェックすること、不動産会社からの連絡事項をチェックすること程度でしょう。
管理運営の手間を省き不動産投資ができるということは、資金が用意できればどんどん次の不動産物件を購入できるということです。
できるだけ手間を省きつつも不動産投資を拡大させたいという方にとって、サブリース契約は実は非常に使いやすい形態の契約なのです。

築古物件をリフォームして新築に負けない安定した家賃収入を得た


サブリース契約は、新築や築浅物件でしか使えないわけではありません。リフォームやリノベーションで物件を再生し、新築物件に負けない魅力を持たることができれば、中古物件の築古物件でも、サブリース契約を結ぶことができます。
そういった物件を手に入れ、サブリースフリースで収益を安定させれば2つのメリットがあります。まずはサブリースで収益を安定できること、そして新築より安い価格で物件を購入できることです。
物件再生に自信のある方、物件再生が得意な不動産会社を知っている方は、そういった中古物件を購入し、リフォーム後にサブリース契約で収入を安定させていくという事もできるのです。これも、不動産収入を拡大させていく有効な手段の一つとなっています。

  • サブリース
  • 不動産
  • 収入
  • 安定
  • 成功事例