山形駅エリアレポート

山形駅は、山形県山形市香澄町一丁目にあるJR東日本奥羽本線の駅です。
奥羽本線だけが走る駅ですが、奥羽本線場を走るにミニ新幹線「山形新幹線」の停車駅ともなっています。
乗降客数は、JR東日本は1日平均10,433人(2019年度)となっており、山形県内の駅では最も乗車人員が多くなっています。

どんな人が住んでいるのか

山形駅周辺半径300メートル以内には、どれくらいの年齢層の人が住んでいるのか、国勢調査のデータをもとに見ていきましょう。

該当エリアの人口総数は1151人で、山形駅のある山形市の人口253832人の約1%以下となっています。山形市の中の人口割合としては非常に少ないといえます。男女比は、男性約48%、女性約52%となっており、若干女性の方が多いです。年齢別では75歳以上人口が127名と最も多く高齢者層が山形駅周辺に住んでいることが分かります。
次に、世帯数についても見ていきましょう。

このエリアの世帯総数は551世帯で、そのうち約46%が単身世帯となっています。核家族世帯も38%と多いもで、核家族世帯の15%と合わせると53%がファミリー層とみられ、山形駅周辺は単身者よりファミリー層が多く住んでいると言えます。

山形駅周辺の地価

山形駅の地価は、2021年が28万1015円/坪単価となっています。
2020年は27万5888円、2019年は26万9041円、2018年は26万3693円、2017年は25万円9577円など、ここ10年でもっとも高い価格となっています。
※参照元 https://tochi.biz/station/yamagata/

山形駅ってどんなところ

山形駅には東口と西口があり、周辺には商業施設や宿泊施設や多くあります。
東口には「山形市民会館」、宿泊施設は「コンフォートホテル山形」、「アパホテル山形駅前大通」、「ホテルメトロポリタン山形」などがあります。
西口には「やまぎん県民ホール」、宿泊施設は「東横イン山形駅西口」、「リッチモンドホテル山形駅前」、「ホテルルートイン山形駅前」があります。
また駅から数分のところに山形城跡の城址公園「霞城公園(かじょうこうえん)」があります。

山形駅付近のグルメ

山形の名物料理といえば「芋煮」が有名です。
山形駅周辺で「芋煮」が食べられるお店では、駅から徒歩3分の「酒菜一」があります。芋煮だけでなく、庄内浜産のハタハタやスルメイカも食べられます。
駅徒歩9分のところにある「山形名物 花膳」でも芋煮が食べられます。芋煮以外にも郷土料理が食べられ、また山形の地酒がそろったおいしいお店です。
山形駅のご当地グルメに「玉こんにゃく」があります。まん丸のこんにゃくを串に刺し煮たものです。
「玉こんにゃく」は駅東口の駅ビル「エスパル山形店」の中でも食べられます。「樽下宿・丹野こんにゃく エスパル山形店」では、こだわりの弾力ある玉こんにゃくが食べられます。

B級グルメに冷やしラーメンがあります。
駅から徒歩3分のところにある「修ちゃんラーメン 山形駅前本店」は冷やしラーメンが食べられるお店です。

山形駅付近での子育てのしやすさ

山形駅付近の保育園としては、駅徒歩9分に「セントポールベビーセンター」があります。
また、駅徒歩12分に「キッズファクトリー・オーク」、駅徒歩15分に「木の実保育園」があります。

山形駅周辺の公園には、駅徒歩7分に、山形城跡の城址公園「霞城公園(かじょうこうえん)」があります。スポーツ施設や市営球場、サッカー場、市民プールなどが併設された大規模な公園となっています。
また「山形県立博物館」も併設されています。

また駅徒歩9分に「駅前公園」があります。小さな遊具がある公園です。
駅徒歩9分に「城南公園」、駅徒歩11分に「かすみ公園」など多くの公園があります。
駅周辺の交番は、駅前に「山形警察署 駅前交番」があります。

病院は、駅から徒歩9分のところに「つげ医院」があります。
また駅から9分には「松本内科クリニック」、駅から10分には「みさわクリニック」があります。

山形駅周辺は非常に栄えており、公園や病院も豊富で生活しやすいエリアとなっています。

  • エリアレポート
  • 地価
  • 家族構成
  • 山形県
  • 山形県エリアレポート
  • 年齢層
  • 駅周辺