「転勤」により自宅に住み続けられなくなったサラリーマン

マンション入居前に転勤が決定


都内で新築マンションを購入・契約し、入居日を待っているタイミングで地方転勤が決まってしまいました。まだ子どもが小さいこと、いつ東京に戻れるかわからないため単身赴任は考えられず、家族で地方へ移住することにしたのです。そこで問題になったのが購入予定のマンションです。

新築未入居でサブリースに出すメリット

解約は違約金がかかるため、当初は購入後に売却を考えていました。しかし、将来東京へ戻る可能性があること、条件が良い物件のため手放す決断ができずにいたのです。
そんな時に知ったのがサブリースです。賃貸経営などやったことがないですし、仕事が忙しいため売却しか頭にありませんでした。しかしサブリースは契約後の作業を丸投げできることを知り、貸すことを選択肢に入れて検討することにしたのです。さらに詳しく話を聞くと、私のような新築未入居のケースは条件が良いため、高い賃料で貸せるという点を魅力に感じました。
また一度賃貸に出すと、借主が退去しない限り自分が住めないという話を聞いていましたが、定期借家契約にすることで解決できることも教えてもらえました。

サブリースなら手間なく賃貸収入を得られる


ローンの支払いが不安でしたが、当面は家賃収入でまかなえることも決定打に。サブリースは資金繰りの不安なく、物件も手放さずに済み、将来戻ってくる場所が残せる最善の選択だとわかりました。

入居状況に関係なく毎月賃料の振込みがある点でローンの支払の不安もなく、管理もお任せできるため我が家にとってサブリースは最適な選択だったと思います。
入居者が退去した際に連絡を頂けるようなので、そのタイミングを見計らい戻ろうと思っています。

  • サブリース
  • サラリーマン
  • 事例
  • 住宅ローン