不動産の賃貸管理は何をしてくれる?利用するメリットとサービス内容を紹介

これから不動産投資を始めようという方の中には、不動産の購入後の心配をしている方もいるかも知れません。特に、実際にどのように物件を運用していけばいいのかその点を悩んでいる方も多いでしょう。
不動産投資で利益を出すためには、物件を買った後入居者に貸し出し、そして長期間住んでもらえるようにに適切な状態に管理していくことが重要です。
そのため、人に貸し出していく賃貸管理業務は必須とも言えます。ここでは、賃貸管理ではどういった業務を行うのか、また不動産オーナーとして、賃貸管理サービスを利用するメリットはどういうものがあるのかをご紹介します。

不動産物件の賃貸管理とは


まず不動産物件に対しての賃貸管理は、建物そのものを管理する賃貸管理と、不動産の運用面についての賃貸管理の二つに分かれます。
建物というハードをどのように生かすか、そして不動産をソフトとしてどのように活かすのかという、二つの視点に分かれていると言えるでしょう。

建物の運用面

まず不動産の建物自体の賃貸管理です。これは、建物の外観や設備の状態を維持管理し、建物内の治安をよく保っていくことを指します。建物は一度建ててしまえば全く手入れをしないくても良いのではなく、定期的に掃除をしたりメンテナンスをしないと、あっという間に劣化していきます。外観がボロボロになったり、ゴミが散らかっている物件に住みたい人が現れるでしょうか。きっとそんな建物には入居者は集まりませんし、一度住んでくれた人もすぐに出て行ってしまうことでしょう。
そのようにならないようにするのが、建物の賃貸管理です。清掃したり電灯切れや配管など、壊れた場所の修繕を行います。また、定期的に巡回をしてゴミ集積場がきちんと運用されているのかをチェックするなど、日常的な細かいトラブルを未然に防ぐ役割をもちます。
建物が綺麗にかつ治安よく維持できれば、入居者にとっても安心して住める場所となり、多くの人が長期間にわたって住んでくれることでしょう。

物件の運用面

は不動産物件で、いかに高い収益を出していくために運用するのかという面での、賃貸管理です。こちらは主に短期的・長期的な物件の運用に関わる賃貸管理となってきます。
物件の入居者を集める時には広告を出さなくてはいけません。そのため広告を作成し、また不動産情報サイトに広告を掲載したりするのも賃貸管理業務の一環となってきます。
そして、広告を見てやってきた入居希望者への内覧対応、入居契約を結ぶのも賃貸管理の仕事です。契約に関する更新や毎月の入出金、そして大家への送金、さらには退去が出てきた時の立会いや、再募集の手続きなども賃貸管理の仕事になってきます。
長期的な視野で見ると、物件の収益性や価値をどのようにあげていくのか、また大規模修繕をどのような計画で行なっていくのかを考えるのも、賃貸管理の一つの仕事だと言えるでしょう。

賃貸管理を依頼するメリット


賃貸管理を依頼する場合には、一般的に家賃の5%の手数料を支払うのが相場となってきます。そうなると、自分の収入が減ってしまうのではないかと懸念する方もいるでしょう。
そこで賃貸管理を依頼することで、オーナーにもたらされるメリットをご紹介します。そのメリットと支払手数料を天秤にかけ、自分にとって利用する意味があるのかどうかを考えていきましょう。

経験豊富なプロに運用を任せられる

まず賃貸管理は専門の社員がいる会社など、経験豊富なプロに業務を任せることが可能です。不動産オーナー初心者の方の場合、自分で建物を巡回して掃除できないこともありますし、またどのように客付けして良いのか迷ってしまうことも多いでしょう。
賃貸管理を委託すれば、自分より能力に優れた人に仕事をしてもらえるメリットがあります。

自分の時間を使わずとも不動産物件を運用できる

定期的に物件を巡回するためには、自分の時間を割いて業務を行う必要があります。自宅の近くや通勤途中に1物件だけを持っている。そういった方ならばともかく、複数の物件を所有している方は、とても巡回する時間を捻出できないことでしょう。
サラリーマンの方の場合、不動産投資は仕事語や休日等限られた時間で行うしかないので、どうしても時間的な問題で巡回ができない方もいるはずです。
そんな時間のかかる巡回作業を賃貸管理会社に任せることができるメリットがあります。

多くの入居希望者に情報を届けやすい

入居者募集をする場合、オーナー個人が自分で情報を届けられる範囲にはどうしても限界があります。不動産の賃貸管理会社に情報拡散を依頼すれば、その不動産会社のネットワークによる情報拡散が期待できますし、不動産物件情報サイトにも情報を掲載できるので部屋探しをしている人に素早く広く情報を届けられます。早く空室を埋めることもできるでしょう。

24時間のトラブル対応をしてもらえる


不動産オーナーをしていると、入居者からのトラブル対応は避けられない仕事の一つになってきます。そういったトラブル対応は、往々にして入居者が帰宅した深夜帯に起こることが多いです。深夜にかかってきた電話を、オーナーが素早く対応することは難しいことでしょう。そんな時でも賃貸管理会社を利用してれば、深夜のトラブルも賃貸管理者会社に対応してもらうことができるのです。
こういった時間面でのメリットが大きいのが賃貸管理業務を委託するメリットです。
本業がある兼業大家の人は、基本的には賃貸管理は依頼市内と物件運営は難しいでしょう。これから不動産投資を始めたいという人は、賃貸管理を委託することを検討してみてください。

  • サービス
  • メリット
  • 不動産管理
  • 管理会社
  • 賃貸管理