あなたの賃貸運営を支えていくために知っておきたい不動産管理3つのサービスとは

不動産投資を考えている方の中には、物件の購入をした後、その後の運用をどうすれば悩んでいる方もいるかもしれません。
専業大家でもない限り、不動産物件の自己管理は時間的・資金的な問題で大変難しいものです。特に、サラリーマンの方は不動産の自己管理はまず、不可能だと言えるでしょう。
そこで賃貸物件の運営を支えるために、三つのサービスがあります。
そこでここでは賃貸運営を行う上で、是非とも利用したい三つのサービスをご紹介します。

リーシング


まず一つ目はリーシングと呼ばれるサービスです。リーシングとは、不動産物件の運営を戦略的に行っていくためのサービスとなっています。

物件運営のための戦略を立てる

不動産物件は、基本的に建築後の経年によって家賃が下がったり、入居率が低下するなど収益性が下がっていくものです。部屋探しをする人にとって、やはり古い物件よりも新しい物件の方が魅力的であり、美観や設備面でも優れている点が多いからです。
そこで、賃貸物件の運営を行っていくためには、戦略的に物件の運営をどのように行っていくかを考える必要があります。例えば入居対象を個人の居住用に絞るだけではなく、テナント物件を入居できるようにして収益性を上げて行ったり、入居率を安定させるといった方策を立てることができるのです。
そういった戦略を立てて。周辺の状況を見ながら物件の機能や設備また外観などを変える、そして長い期間にわたって安定した入居率を確保し、収益率を一定に保てるようにするのがリーシングなのです。

需要の高い設備導入や広告戦略なども行う

リーシングを行う上では、その地区の不動産がどのような需要を持っているかを見極めなければいけません。周辺に駅ができたり大型の商業施設ができたりすれば、入居率を高めることができるので設備投資をして家賃をアップすることも可能になります。
逆に単身者世帯の需要が減っていれば、ファミリーに向けて物件を変えることも考えます。そのために駐車場を確保したり、広めの部屋にリノベーションすることで新しい需要を生み出すといったことも考えなくてはいけません。

また物件の広告を打つ時には、どういったターゲットに向けて広告を打つのか、ネットが良いのかチラシが良いのかといった戦略も考える必要があります。
そういった不動産のプロならではの能力を発揮してくれるのが、リーシングなのです。

賃貸管理


次に考えておきたいのは、契約や入居など収益を確保するための戦略そして活動です。こういった活動のことを、賃貸管理と呼びます。

入居者獲得のための実践的な活動

賃貸管理とは、入場者獲得のための実践的な活動のことを指します。広告を打ったりマイソクを作成してインターネット上に掲載することで、部屋探しをしている人のもとにあなたの物件の情報を届けてくれるのです。
そして問い合わせに対して内覧を行い、実際の契約まで結びつけることも賃貸管理業務の一環となっています。賃貸管理を行ってくれるの能力次第によって入居率は大きく上がっていくので賃貸管理にノウハウがあり適切な対応を行ってくれる不動産管理会社を探すべきでしょう。

入出金や契約などお金の動きを管理する


また賃貸管理は、入出金や家賃徴収、振り込みなど実際の入出金の動きについても管理を委託することができます。毎月自分で入居者に連絡して入金してくれるようにお願いする作業は地味に手間になりますし、なかなか入金がないとストレスになるものです。こういった賃貸物件のお金の流れの管理代行も、賃貸管理業者が行なってくれます。賃貸管理業者がいることで、大家はお金を管理する手間やストレスから解放されるようになり、自分の本業に集中することが可能となるのです。

物件管理

最後の三つめのサービスは、物件管理です。不動産は誰かが使っている以上徐々に汚れていったり機能が悪化したり、また設備の不具合が出てきたりします。そういった不具合などを見つけメンテナンスをしてくれるのが、物件管理の業者なのです。

定期的な巡回やメンテナンスで物件を適切な状態に保つ

物件管理は実際にあなたも所有する物件に管理会社の人間が赴き、汚れや故障箇所などのチェックを行ってくれます。軽度な修繕が必要な作業でしたら、管理会社がその場で直してくることもあります。また、大幅な故障でしたら施工会社や工務店を手配して修理してくれるのです。大きな故障になる前に小さな故障を見つけることで、多額の費用がかかるような修繕を防ぎ、結果的にランニングコストを抑える効果も持っています。その他にも物件内の治安が悪化しないように不審者がいないか、またゴミが放置されていないかといった巡回管理も行なってくれます。

長期的な修繕計画の策定と実施を行う

物件管理は物件の状態を適切なものに保つため、長期的な修繕計画の策定を行ってくれます。入居者から集めた修繕費を管理し、どれぐらいの費用かけてどのような施工を行うのか、入居者への告知はどうするのかといった、かなり手間のかかる作業をあなたに代わって行なってくれるのです。
不動産物件は、10年から15年に一度は定期的に大規模な修繕を行う必要があります。大規模修繕を行わなければ大規模な建物の損壊が発生し、人を入居させることができなくなってしまうこともあるのです。
賃貸管理や物件管理には毎月手数料がかかりますが、少しずつの出費を行って未然に大規模な修繕費用が発生することを防げるのです。

  • サラリーマン
  • シーリング
  • メンテナンス
  • 不動産
  • 修繕