不動産オーナーの基礎知識!空室対策の基本的な対策を解説

マンションやアパート経営の空室対策について、詳しく知りたいオーナーは多いのではないでしょうか。空室対策を施すことで入居率を高めることができ、一定の賃料収入を得やすくなります。

入居者の幅を広げたり、広告内容の見直しをしたり、家賃や敷金・礼金を減額するなど、多くの空室対策を知っていれば状況に合った対処が可能です。
そこでここでは、賃貸管理における空室対策のポイントについて解説します。

入居者の幅を広げる


マンションやアパート経営の空室対策の1つが、入居者の幅を広げることです。たとえば、これまでは現役世代を対象としていたのを、高齢者まで幅を広げます。入居者の幅が広がることで、入居率が高くなる可能性があります。

入居者の幅を広げることは、コストがかからないうえに地域や物件によっては効果的な空室対策です。現在のターゲットが適切なのかどうか見直してみましょう。

広告内容を見直す


WEBやチラシなど広告内容を見直すことも空室対策の1つです。掲載している写真やPR文が魅力的な内容になっているか確認しましょう。写真の数を増やしたりキレイな写真に変更するだけでも、問い合わせの数が増えることがあります。入居者目線に立ち、物件広告を隅々までチェックしてみてください。

内覧時の部屋をキレイにしておく

多くの人は内覧時の印象で住む部屋を決めます。条件が良い物件でも、内覧時の印象が悪ければ選択肢から外れてしまいます。空室対策になるため、内覧時の印象を良くすることは大切です。

・部屋をキレイに掃除しておく
・換気をしてニオイ対策をしておく
・不要な荷物は処分して隅々まで見られるようにする
・ポストは空の状態にしておく
・電球切れがないかチェックする

など、少しでも部屋の魅力が伝わるように内覧の準備に力を入れましょう。

不動産会社に力を入れてもらう

物件の営業をしてくれるのは不動産会社です。広告料やマージンを通常より多く支払うなどすれば、不動産会社が力を入れて積極的に営業を行い、入居率がアップする可能性があります。

エアコン付きにする

エアコン付きの物件にすれば、空室率が下がる可能性があります。エアコンの有無が一押しとなり、入居を決める人もいるからです。入居者からすれば、エアコン購入費を節約できます。エアコン付きにして、広告でもPRしましょう。

ペット可や楽器可にする

ペット可や楽器可など、入居条件を緩和することで入居率がアップする可能性があります。ペット可や楽器可を優先している人は、他の条件を妥協してでも入居することが多いです。防音対策や物件の規約などいくつか問題はありますが、効果的な空室対策の1つです。

インターネット無料にする


スマホやテレワークの普及でインターネット無料物件の需要は高まっており「インターネット無料物件しか探さない」という人も多いです。インターネット無料にすれば、多少家賃を上げたとしても入居率アップが期待できます。

家賃を見直す

空室対策として家賃を見直す方法もあります。周辺物件の家賃を調べ、相場より高い場合は家賃を下げることで入居率アップが期待できます。ただし、家賃を下げると収益が減るため、下げすぎには注意してください。損益分岐点や周辺相場を調べたうえで、不動産会社に相談してみましょう。

礼金など初期費用を見直す

敷金や礼金などの初期費用を見直すことも、空室対策の1つです。たとえば、礼金2ヶ月が礼金0円になれば、問い合わせが増え入居率が上がる可能性があります。ほとんどの人が初期費用は安く済ませたいと考えており、敷金・礼金0円の物件を探す人も多いです。

周辺物件の初期費用を調べ、不動産会社に相談したうえで見直してみましょう。

リフォームをする

築年数が古い物件は、フローリングや壁紙、キッチンや浴室、トイレなどのリフォームをすることで、空室率が下がる可能性があります。築古でリフォーム済み物件を探している人は多いからです。また、キレイになれば、内覧時の印象も良くなります。リフォーム費用はかかりますが、入居者は見つかりやすくなるでしょう。

セキュリティを強化する

築年数が古い物件などは、TVモニター付きインターホンやディンプルキー、スマートロックなどセキュリティを強化することが空室対策になります。特に、女性の1人暮らしやファミリー向けの物件は、セキュリティを気にする入居者が多いです。セキュリティ設備が十分でない場合は強化することを検討しましょう。

まとめ

ここで紹介したように、入居者の幅を広げたり、家賃や初期費用の見直し、リフォームなどによって空室率を下げることが可能です。対策によって空室率を改善できれば、一定の収益を得られるようになります。

ただし、物件やエリアの状況によって適切な空室対策は異なります。物件のターゲットやエリアのマーケットをきちんと整理したうえで、効果的な空室対策を施すことが大切です。

検討したい空室対策がある場合は、独断で実施するのではなく、不動産会社に相談するようにしましょう。

  • マンション
  • 不動産オーナー
  • 基礎
  • 空室対策