サブリースの最大のメリット

不動産オーナーと不動産会社が一括借り上げの契約を結ぶサブリース契約。このサブリース契約は、様々な問題が起こリやすい契約として、新聞やメディアで取り上げられるということが多くありました。そのためサブリースは危険と考えている方もいるでしょう。
しかし、サブリース契約はうまく使えば不動産の大家にとって数々のメリットがある契約なのです。
そこでここでは、サブリース契約を利用した時の数々のメリットをご紹介していきます。

家賃収入が安定する


最も大きなサブリース契約のメリットとして挙げられるのが、毎月の家賃収入が安定する点でしょう。一般的に不動産物件を運営する時は、物件を所有する大家が、それぞれの部屋を借りる人と個別に賃貸契約を結びます。そのため、空室が発生している部屋は家賃収入が1円も入ってきません。満室になれば大きな収入を見込むことができますが、満室にするための手間や費用は小さな負担ではないのです。特に新人大家さんの場合、なかなか空室が埋まらないことが、精神的な負担になることもあるでしょう。

しかし、サブリース契約の場合、大家は入居者と個別に賃貸契約を結ぶことはなく、あくまで不動産会社だけに建物丸々を貸し出す契約です。その後は、不動産会社が自分達で入居者を探し、個別に賃貸契約を結びます。大家にとっての貸し出し先はあくまでも不動産会社であるため、物件の中で空室が発生したとしても大家の家賃収入が減ることはありません。そのため収支計画を立てやすく、空室は発生しても「すぐに物件の空室を埋めなければいけない!」とあわてふためくこともないのです。
収入の数字を把握しながら、急激な収入源に悩まされることなく不動産物件の運営を行って行けるので、事業も進めやすいですし、精神的な安定を得られるメリットがあります。

手間を掛けずに不動産物件を運営できる


次の大きなメリットは、自分で物件を運営する手間をかけずに、不動産物投資で収入を得ることができる点です。不動産投資はよく不労所得と言われますが、実際には物件の購入には大変なし金と時間を要しますし、物件の購入後も不動産会社と相談しながら空室を埋めるための宣伝活動を行ったり、管理や修繕の見直しを行ったり、また数々の契約の書類をチェックしなくてはいけません。そのため本業がある人にとっては、その作業が大きな負担になることもあるのです。
しかし、サブリース契約で不動産物件を運営する場合はあなたはあくまでも不動産会社との契約内容のみチェックするだけの作業になります。毎月わずかな時間のメールチェックのみで済むことも多いのです。入居者との契約や物件管理に関して、作業は不動産会社が全て行なってくれるので、大家であるあなたが時間をかけてそのような作業する必要はありません。
本業が忙しいが不動産で収入を得ていきたいという方にとっては、サブリース契約を利用するメリットは多いにあると考えられます。

ワンルームマンションの経営でのリスクを大きく軽減できる

不動産投資の運営物件というと、一棟ものアパートやマンション、また区分マンションなどの物件に分かれています。サブリースは、区分マンション経営では特にメリットが大きくなっています。
その理由は空室リスクを大きく減らせるからです。一棟物件の場合は物件内の部屋が複数あるので、空室が発生したとしても家賃収入がゼロになる事はありません。
しかし、区分マンションの場合は空室が発生するとまさに、家賃収入がゼロ円になってしまいます。空室が発生すれば家賃収入が途絶えるだけではなく、退去後の清掃費用や広告費も発生するので、家賃数ヶ月分の支出が発生することも多いのです。

収支の計算が簡潔になり、確定申告の手間を軽減できる


数々の不動産物件を運営していると、個別の部屋の収支計算が発生します。また納税のための確定申告の際には、不動産物件の運営に伴う様々な経費を計上して帳簿を作成しなくてはいけません。そのため大きな手間がかかります。確定申告は毎年2月中旬から3月中旬にかけて行いますが、この時期は年度末ということもあり本業が忙しいという方もいるでしょう。
しかしサブリース契約であれば、あなたの収支計算や確定申告作業は大変に簡単なものになります。個別の部屋の賃貸契約や収支を計算する必要もありませんし、経費も多くは発生しないので、あなたは不動産会社との契約内容と収支だけ、確定申告の際にはチェックすれば良いのです。そのため作成する書類もわずかなものとなり、確定申告に伴う手間を大きく軽減できます。
サブリース契約には、収入が安定する、管理運営の手間を省くという二つの大きなメリットがあります。状況に応じて利用していけば、不動産収入を効率的に増やしていくための手助けになってくれるでしょう。

  • サブリース
  • メリット
  • 不動産
  • 契約
  • 空室